SSゼミ名古屋・8期・第10回

2018年5月21日(月)


「中小企業が大手に勝てる採用方法【思考企業事例から読み解く必勝法】」

大手すら採用できないこの時代、でも中小でも勝ち目あり!
規模・業種・処遇も関係なし大手に勝てる必勝法教えます!
求人に悩んでいる中小企業オーナーにとっては必見のセミナーです。

講師:株式会社ジオコス 代表取締役社長 伊藤 秀一 氏
開催日時:2018年5月21日(月)18時20分~
担当プロデューサー:山内税務会計事務所 山内 新人 氏

【ゼミ開催レポート】

写真01

【ゼミ報告】
◆若手がいない商店街はシャッター街になっている。
大手でも採用は厳しくなっている。
誰しもが知っている企業も苦戦している中で、採用努力をしている状況。
売れて市場などまるで実感していない若手求職者。
待遇ばかりうたっている求人が多くあるが、採用後に条件が違うと突かれてしまうためリスク。
よくない面も素直に出しておかないと後で苦労をしてしまう。

◆間違った人材観を変える必要性
よく見る外せない人材要件を思うのはいいが、求人者に伝えるのはNG。
なぜなら、求人者が求めている事は逆のケースがほとんどのため。
コミュニケーション力はないが、ある1つの事だけできればいい。
というような条件で募集が多く集まった事例がある。

写真02

◆言っても意味のない無意味な企業PRは今すぐやめよう
企業が話したいこと≠若手求職者が知りたいこと
グローバル? アットホーム? 安定性? チャレンジ精神のある風土?
慣用句だらけのアピール、具体性のない話題、裏付けのないデータ等、具体性のない事がでは人は集まらない。
具体的かつ実際に起きた経験・ストーリーを伝えるとインパクトが出る。
結果、話を聞いた人の心に残るため、キレイな言葉よりも、リアルを伝える事が重要。

◆人材確保のうまい中小企業が行っている事
事例も踏まえて、以下の話題がありました。
・安定性やビッグプロジェクトで追求しない
・待遇面で勝負しない
・若手社員中心の採用チームを組織する
・日常の社風をうまく伝える
・全員が仲間を集めることに協力的
・ブース装飾がにぎやか
・声がけがさり気なく上手

中途採用でも、基本的な考え方は同じ。会社のありのままを出し、社員一丸になって求人活動を行う事が大切というお話がありました。

写真03

◆懇親会
懇親会では、講師の伊藤氏もご参加いただき交流を深めました。
今回は、ゼミ中に質問時間を多く設けられた事から、ゼミでうけた内容を深める具体的な話題を中心に懇親を深めました。

 今回のゼミでは、採用の内容でしたが、抽象的な表現や美辞麗句で飾らず、会社の素を出す事、社員一丸となって取り組む事は、採用だけでなく通常業務でも大切であると感じました。
 昔のやり方は通用しなくなっている事を痛感でき、わかりやすく具体的にお伝えしていく事が、採用できる手法ではないかと思いました。
 入社したらどのようになれるのか? 求人者に未来をイメージさせるお話もあり、働く意欲を向上させるために必要な事ではないかと思いました。

写真04

スモールサン ゼミNAGOYA
サポーター 関上 直人


株式会社
中小企業サポートネットワーク
〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-1-13
第5酒井ビル 2階
電話:03-5960-0227
ファックス:03-5960-0228
mail:info@smallsun.jp
【地図】>>

スモールサンへ
【お問合せ】>>